×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

チェック柄とヒョウ柄について

柄の色についてここでは二つ紹介します。一つはチェック柄と二つ目はヒョウ柄についてです。
チェック柄は様々な物に使われています。例えは洋服やマフラー、バックなどです。バーバリー
のマフラーなどにもありますよね。バーバリーチェック柄についてですが、登場したのは今から
約84年前、日本だとちょうど大正時代ですね。カントリー・タータンと呼ばれる柄からアレンジし、
そして公募で決定したのも有名な話です。コートの裏地としてデザインされたバーバリー・チェック
柄ですが、近頃では色々なアイテムとして使われています。そして二つ目のヒョウ柄についてですが
このヒョウ柄も色んなアイテムとして使われています。例えば、洋服やバックに財布と例を上げたら
きりがないですが基本的にファッション関係に多く見受けられます。女性などにヒョウ柄が好きな人が
多いのではないでしょうか?確か、歌手の浜崎あゆみさんがヒョウ柄を愛用してますよね。

ボーダー柄とペイズリー柄の色について

ボーダー柄というのは、横方向の柄のこと。もともとはレースの端の縞、または
柄のことを指したが今では横方向の縞柄のことを総称する。というな感じで書いて
ありました。実際に見たりするのは、ラガーシャツやその他の洋服などに見受け
られますね。ちょっと懐かしいですが、ウォーリーをさがせに出てくるウォーリー
が着ているシャツもボーダー柄ですね。自分も実際に長袖のラガーシャツや
半袖のボーダー柄のシャツを持っています。お勧めはラインの細いボーダーが
いいですよ。そして次にペイズリー柄というのはスコットランドの毛織物生産地の都市
ペイズリーで織り出された独特の植物模様(やしの葉、マンゴー、松かさ、生命の樹)
だそうです。その生産地名からとって、ペイズリーと呼ばれているそうなんです。
ちなみに日本では勾玉(まがたま)模様とも言われてるみたいです。ペイズリー柄
の起源ですが元はペルシアとされていて、その後にインドのカシミール地方で現在に
近いデザインでショールなどの柄として用いられました。

スポンサード リンク

ドット柄とバラ柄の説明

ドット柄についてですが、簡単に言ってしまえば水玉もようですね、ようするに
点と点。つまり細かい水玉のマークです。いろいろな商品に使われているようで
ハンカチやバックにマフラー、カーテンなどにです。結構、かわいいデザインなど
色の種類が豊富なのが特徴です。ファッション関係でも人気の色みたいですね。
自分もドット柄のバスタオルとハンカチを一枚ずつ持っています。つづいてバラ柄
ですが、この色もたくさんの商品に使われてます。雑貨物や洋服の色とかです。
特に雑貨物になりますと、アンティーク物が多いですね。個人的なイメージですが
家の飾りとかにバラ柄を使ったりすると雰囲気が明るくなるんじゃないですかね。
自分は飾ってませんけど(笑)だた、家とかの飾りに一つ入れておきたい色ですね。
一つお勧めなのが、食器系のバラのデザインの物はかなりいいです。種類も豊富
ですしね!値段も割りとリーズナブルなものが多いです。

Copyright © 2008 柄について説明して紹介するサイト